image Romio by kyouko 市民文化事業として

ミュージカル
ロミオとジュリエット
復活編

企画のご提案
image Juliet by kyouko
2014年12/16(水)〜21(日)、東京六本木の俳優座劇場で、プロ劇団MMCにより上演されました。

参加する市民の皆さんが、最高の感動を共有できる文化事業として、
名作「ロミオとジュリエット」のミュージカル公演制作を、ご検討ください。
  これは、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を原作にした、全32曲で構成されたミュージカル作品です。

  ほぼ原作に沿ったストーリーですが、ラストでは愛の力が恨みを乗り越えて両家を和解させ、2人とも生き返るという、ハッピーエンドの“復活編”として描いています。
  テロによる報復が絶えない時代にあって、「人を恨む者には、復讐が連なって自らを不幸にし、人を赦す者には平穏が宿る」という、平和のメッセージを込めました。

  上演2時間をほとんど音楽で構成し、芝居のセリフは曲間をつなぐ程度とした、歌とダンス中心のミュージカルです。

  いずみたくの弟子で、アニメ映画アンパンマンシリーズの音楽を担当している、音楽家の近藤浩章さんと、我孫子市在住の作詞家・若松慎吾の2人で、1978年に作りました。

  当時、劇団いずみたくフォーリーズの若手により、試演会で上演したままになっていました。それをリニューアルして2005年に、千葉県我孫子市の市民ミュージカルとして、市民120人の出演により我孫子市民会館で上演しました。

  そして2012年には、愛知県豊橋市・豊川市などによる「東三河演劇フェスティバル」での市民ミュージカルとして、豊川市文化会館で上演されました。また2014年12/16(水)〜21(日)、東京六本木の俳優座劇場で、プロ劇団MMCにより上演されます。

  2016年は、シェイクスピアの没後400年に当たります。この節目の年に向けて、文化事業や市民ミュージカルとして、この作品を上演いただきたいと思っています。

  営利を目的としない上演には、脚本・作詞を無償で提供します。音楽使用料も予算の範囲で無理なく制作できるよう、近藤さんにご協力いただけます。

  どうぞご検討ください。
順次更新します
■2005年我孫子市民ミュージカルの上演記録
        ※「バレンタイン・ドリーム」のタイトルで上演
■2012年豊川市民ミュージカルの上演記録
          ■豊川市公演のパンフレット
■ロミオとジュリエットが復活するラストシーン(M32 終曲)
          ※YouTubeのビデオへリンクします
■制作費の事例
          ※いくらかかるか、我孫子市公演の事例
■公演までのスケジュール事例
          ※市の予算決定から出演者募集、稽古スケジュールの事例
■作曲・近藤浩章さんプロフィール
          ※海・オーグメントのサイトへリンクします
■台本2012年版 (PDF_24ページ)


■01 文化ホールの自主制作事業には「市民ミュージカル」が最良

■02 いくつかの「ロミオとジュリエット」ミュージカルとの比較

■03 歌詞と曲がマッチした、日本オリジナル作品






2016.11.27更新
お問合せ(フォームメール)
本サイト作成者:若松慎吾(作詞家・千葉県我孫子市在住) ■プロフィール
inserted by FC2 system